大規模数値シミュレーションと人工知能に関する研究がGordon Bell Prize Finalistに選出

市村強准教授,藤田航平助教,山口拓真さん(博士課程1年),堀宗朗教授,ラリス准教授らの研究がGordon Bell Prize Finalistに選出されました.

◆本内容はUTokyoFocusにも掲載されました:

市村強1, 2, 3, 藤田航平1, 3, 山口拓真1, 成瀬彰4, Jack C. Wells5, Thomas C. Schulthess6, Tjerk P. Straatsma5, Christopher J. Zimmer5, Maxime Martinasso6, 中島研吾7, 3, 堀宗朗1, 3, Lalith Maddegedara1, 3(敬称略,所属は1: 地震研究所・工学系研究科社会基盤学専攻,2: 理化学研究所革新知能統合研究センター, 3: 理化学研究所計算科学研究センター, 4: NVIDIA Corporation, 5: Oak Ridge National Laboratory, 6: Swiss National Supercomputing Centre, 7: 情報基盤センター)による研究が,Gordon Bell Prize Finalistに選出されました.

Gordon Bell Prizeは高性能計算を用いたアプリケーションの性能及びその成果についてACM (Association for Computing Machinery)から授与される賞であり,高性能計算分野において最も栄えある国際的な賞の一つとされています.米国・ダラスにおいて2018年11月11日より開催される高性能計算に関する国際会議であるInternational Conference for High Performance Computing, Networking, Storage, and Analysis(SC18)において最終発表が行われます.

研究概要
大規模シミュレーションと人工知能を組み合わせ,さらに変動精度演算など最新の計算機構を活用した次世代超高分解能都市地震シミュレータに関する研究です.従来と比較して格段に高い分解能での都市の地震シミュレーションが可能となることが期待されます.

対象論文
Tsuyoshi Ichimura, Kohei Fujita, Takuma Yamaguchi, Akira Naruse, Jack C. Wells, Thomas C. Schulthess, Tjerk P. Straatsma, Christopher J. Zimmer, Maxime Martinasso, Kengo Nakajima, Muneo Hori, Lalith Maddegedara, A Fast Scalable Implicit Solver for Nonlinear Time-Evolution Earthquake City Problem on Low-Ordered Unstructured Finite Elements with Artificial Intelligence and Transprecision Computing

関連リンク:
(SC18での紹介)

(Oak Ridge National Laboratoryでの紹介)